【学歴】関菜々巳は頭がいい!通知表はオール5で頭脳プレーもピカイチ!

バレーボール女子日本代表・関菜々巳選手。

巧みなトスさばきが魅力で、広い視野・判断力・トスの正確性の高さを兼ね備えた素晴らしい選手ですね。

そんな、日本代表の司令塔として活躍されている関菜々巳選手は、一体どんな方なのでしょうか?

これまでの経歴や学歴など、詳しく見ていきましょう!

そこで今回の記事は、

・関菜々巳は頭がいいと噂!
・関菜々巳の学歴
・関菜々巳の経歴

・関菜々巳のwikiプロフィール

こちらの内容でまとめていきます。

目次

関菜々巳は頭がいい!

バレーボール日本代表の関菜々巳選手は、「頭が良い」と言われています。

関菜々巳さんは、2023年6月12日放送の「呼び出し先生タナカ」に出演した際に、

番組内で1位の成績を残したことをきっかけに、「頭がいい」

と言われるようになりました。

数学に関しては、わずか1問のみのミスで、97点という高得点を叩き出し、スタジオは騒然!

関菜々巳選手と共に番組内に出演していた女子バレー日本代表監督の眞鍋政義監督は、このように発言しました↓

彼女は高校時代、通知表がオール5だった

この発言もあり、「関菜々巳選手は頭がいい」と言われるようになったようです。

スポンサーリンク

関菜々巳の学歴!通知表はオール5で頭脳プレーもピカイチ!

次に、関菜々巳さんの学歴について、ご紹介します。

関菜々巳さんの学歴は、下記の通りです↓

出身小学:船橋市立法典西小学校
出身中学:船橋市立行田中学校
出身高校:千葉県立柏井高等学校
出身大学:進学しておらず

では、関菜々巳選手の学歴について、一つずつ見ていきましょう!

関菜々巳の出身小学:船橋市立法典西小学校

関菜々巳さんの出身小学は、

船橋市立法典西小学校

です。

関菜々巳選手は、1984年に設立された、地元の公立校であるこの学校に通っていました。

小学2年でバレーボールに出会い、小学生時代からバレーにのめり込んでいったようです。

バレーボールを始めたきっかけは、

姉の影響

だったとか。

関菜々巳選手は、船橋市の小学生バレーボールチーム、

「塚田JSCバレーボール部」

に所属。

このクラブチームは、法典西小学校のバレーボール部を母体に、行田中学校地区(法典西・塚田小・行田西小・行田東小)の児童を対象とした、市内2番目の総合型市域スポーツクラブです。

全国大会や関東大会に出場する、強豪チームとして有名です。

当時、関菜々巳選手も関東大会に出場しています。

小学6年生の時には、センターとしてアタッカーポジションにつき、キャプテンも務めていました。

関菜々巳の出身中学:船橋市立行田中学校

関菜々巳選手の出身中学は、

船橋市立行田中学校

です。

中学校も、地元の公立校に進学したようですね。

中学時代には、

「千葉県選抜のアタッカー選手として、JOC杯都道府県対抗大会に出場」

しています。

県選抜に選出されるほど、関菜々巳選手はこの頃から目立った存在だったようです。

関菜々巳の出身高校:千葉県立柏井高等学校

関菜々巳選手の出身高校は、

千葉県立柏井高等学校

です。

中学時代に春高バレーで「柏井高等学校」が出場しているのを見て、この高校への進学を決めたそうです。

この学校は、関菜々巳選手が入学する5年程前から、千葉県の女子バレー強豪校として知られていました。

小中学校時代はアタッカーとしてプレイしていた関菜々巳選手でしたが、高校に進学してからはセッターポジションに変更しています。

セッターとして、チームの攻撃を組み立て、試合の流れを読み取る重要な役割を担うことに。

高校3年生の時にはキャプテンとして、全国大会へチームを導くリーダーシップを発揮しました。

これらの経験は彼女が今後直面するであろうさまざまな課題に立ち向かうための重要な基盤を作ったようです。

また、学生時代はしっかりと勉強にも励んで文武両道をしていた関菜々巳選手。

「オール5」という好成績な通知表であることから、部活だけでなく、勉強に関しても相当な努力をされていた真面目な方のようですね。

関菜々巳の出身大学:進学しておらず

関菜々巳選手は、大学には進学していません。

高校卒業後は、大学に進学せず、Vリーグの「東レアローズ」に入団しました。

学生時代に勉強もできた関菜々巳選手が大学に進学しないのはもったいない気もしますが、頭の良さを生かした頭脳プレーはピカイチです!

関菜々巳選手の頭の良さは、現在もバレーで活かされています!

スポンサーリンク

関菜々巳の経歴

最後に、関菜々巳選手の経歴をご紹介します。

関菜々巳選手のバレー功績は、以下の通りです↓

・第18回アジアジュニア女子選手権大会「準優勝」
・第14回全日本ジュニアオールスタードリームマッチ「チームMAX」キャプテン
・Vリーグ2018ー2019シーズン「準優勝」、「最優秀新人賞」、「ベスト6」
・モントルーバレーマスターズマスターズ「ベストセッター賞」
・2022年世界選手権「日本人選手として全試合出場」「5位入賞」

では、経歴を詳しく見ていきましょう!

関菜々巳の経歴①…「第18回アジアジュニア女子選手権大会」

関菜々巳選手は、2016年開催の、「第18回アジアジュニア女子選手権大会」に出場しました。

この大会で、中心選手として試合出場し、チームをほぼ優勝に導いたんです。

最終的には準優勝という結果になりましたが、この国際大会での経験は、関菜々巳選手にとって、さらにレベルアップするための大きなモチベーションになったようです。

関菜々巳の経歴②…「第14回全日本ジュニアオールスタードリームマッチ」

2017年には、「チームMAX」のキャプテンとして全日本ジュニアオールスタードリームマッチに選出。

この試合での彼女のリーダーシップと高いプレーの質が全国的に注目され、若手選手としての彼女の将来性が高く評価されました。

こうした舞台で成功を収めたことは、彼女のキャリアにとって重要な節目となったそうです。

関菜々巳の経歴③…東レアローズ時代

2017年には東レアローズというプロチームに入団しました。

2018-19シーズンからはチームの正セッターとして活躍し、技術と戦術眼でチームで活躍。

その年、チームはVリーグで準優勝するほどの成績を収め、関さんは最優秀新人賞とベスト6に選ばれる栄誉を得たそうですね。

プロとしてのキャリアでこんなに早く結果を出せたのは、彼女の才能と努力の賜物です。

関菜々巳の経歴④…日本代表

2019年には初めて日本代表として選ばれ、その年のモントルーバレーマスターズで目覚ましい活躍を見せ、ベストセッター賞を受賞しました。

その後も代表として活躍し、2022年の世界選手権ではチームを5位に導く重要な役割を果たしたそうですね。

関さんのように様々な舞台で頑張っている姿を見ると、私は本当に勇気づけられます。

どんなに大きなプレッシャーがあっても、彼女は常にチームのために最善を尽くしているんですね。

これからも彼女の活躍を応援していきたいですし、さらに多くの人に彼女のことを知ってもらいたいです。

スポンサーリンク

関菜々巳のwikiプロフィール

まず初めに、関菜々巳さんのwikiプロフィールをご紹介します。

関菜々巳のwikiプロフィール

名前:関菜々巳(せきななみ)
愛称:セナ
生年月日:1999年6月12日
年齢:24歳
出身地:千葉県船橋市
血液型:B型
身長:171㎝
体重:60kg
ポジション:セッター
利き手:右
座右の銘:継続は力なり
尊敬する人:母
子供の頃の夢:お花屋さん
所属:東レアローズ

関菜々巳選手は、1999年6月12日生まれで、身長171cm、体重60kgのB型。

バレーボール界では「セナ」という愛称で知られていて、試合で重要なセッターのポジションを務めています。

セッターは、チームの攻撃を組み立てる役割を担っていて、正確なトスでスパイカーたちがスムーズに得点できるようにします。

関菜々巳選手は、試合の流れを呼んで、チームを引っ張る大事な役割を果たしていて、冷静な判断力で、多くの試合でチームを勝利に導いています。

これまでにもすでに多くの実績を残していて、これからもさらに活躍していくことが期待されていますね。

関菜々巳選手のプレーには、技術だけでなく、チームを思う心や情熱も感じられます。

そのことから、関菜々巳選手が優秀な選手として注目されている理由の一つなのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は、

・関菜々巳のwikiプロフィール
・関菜々巳の学歴
・関菜々巳の経歴

こちらの内容でまとめました。

関菜々巳選手は、小学2年生の時にバレーボールを始め、中学、高校とバレーボールに打ち込み、高校時代にはキャプテンとしてチームを引っ張りました。

2017年に東レアローズへ入団し、すぐにチームの中核選手として活躍。

2019年には日本代表に選ばれ、モントルーバレーマスターズでベストセッター賞を受賞しました。

東レアローズ時代には、Vリーグで準優勝を果たし、最優秀新人賞とベスト6のタイトルを獲得。

その後も日本代表として活躍し、世界選手権ではチームを5位に導きました。

本当に素晴らしい歩みですよね。

今後も関菜々巳選手の活躍に、期待しましょう!

あわせて読みたい
荒木彩花がゴーグル(メガネ)を装着するのはなぜ?ブランドや価格も調査! バレーボール女子日本代表の荒木彩花選手。 2023年に代表に初選出され、今後も活躍が期待されていますね! その荒木彩花選手選手が試合中にゴーグル(メガネ)を着用して...
あわせて読みたい
林琴奈のwiki経歴プロフ&学歴!全国制覇を経験したバレーエリートだった! 女子バレー日本代表・林琴奈選手。 冷静な判断力やレシーブ力で、高い守備力も兼ね備えたアタッカーです。 そんなオールラウンダーな林琴奈選手は、一体どんな方なので...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次