エディ・タバレスのwiki経歴プロフまとめ!観光客がきっかけでバスケ選手に!

2023年8月25日から沖縄で開催されているバスケW杯。

日本選手が注目をされる中、対戦国の選手も話題となっています。

その選手とは、「カーボベルデ」の長身”エディ・タバレス選手”。

そこで、今回の記事では、

・エディ・タバレス選手のプロフィール・バスケ経歴まとめ
・エディ・タバレスのプレイについて、世間の反応は?

こちらの内容でまとめていきます。

目次

エディ・タバレスのwikiプロフ!

ここでは、「エディ・タバレス」のプロフィールを紹介します。

エディ・タバレスのwikiプロフィール

名前:エディ・タバレス(ウォルター・サムエル・タバレス・ダ・ヴェイガ)
愛称:エディ
国籍:カーボベルデ、スペイン
出身地:カーボベルデ諸島
生年月日:1992年3月22日
年齢:31歳(2023年8月現在)
身長:221cm
体重:120kg
ポジンション:センター
ウィングスパン:236cm
年俸: 100万アメリカ合衆国ドル (2016年)

身長221センチって、一体どれくらい大きいのでしょうか…。

https://twitter.com/FIBAWC/status/1693576568361361714?s=20

タバレス選手が街に出ると、頭一個分どころではない、ずば抜けて大きいということがわかります。

ちなみに、ウィングスパンとは、「両手を広げた長さ」のことです。

https://newspicks.com/news/4272862/body/

あのNBAで活躍する八村塁選手が、218センチなので、エディ・タバレスの236センチはとんでもない長さですよね!

スポンサーリンク

エディ・タバレスの経歴まとめ!観光客がきっかけでバスケ選手に!

STEP
1992年 カーボベルテで誕生

エディ・タバレスは、太平洋に浮かぶカーボベルテ諸島に生まれました。

出生体重などはわかりませんが、エディ・タバレス選手の父親も高身長のようで、きっとビッグベビーだったことでしょう…

STEP
2009年 ドイツ人観光客との出会い

エディ・タバレスは、カーボベルテで休暇を過ごしていたドイツ員観光客に出会いました。

その観光客がきっかけで、バスケ人生がスタートしました。

全てはドイツ人のおかげだった。
ある日、彼は私にバスケットボールをしないかと尋ねました。
それが全ての始まりでした。
彼は私に平均的な人と写真を撮ってほしいと頼みました。
腰までくらいの義妹と写真を撮りました。
彼はそれをラス・パルマスに持って行き、友人にこう語った。
「カーボベルテにグラン・カナリア島のユースチームの誰よりも背の高い男を知っている」

引用元・https://www.eurohoops.net/

このドイツ人観光客に出会わなければ、エディ・タバレス選手はプロバスケットボール選手にはなっていなかったかもしれませんね。

正に運命の出会い!

STEP
2009年 CBグラン・カナリアと契約

17歳でバスケに出会い、その後すぐに、バスケットボール選手を目指すため、同じく太平洋に浮かぶスペインのカナリア諸島に渡りました。

ここで、プロバスケットボールチームの「CBグラン・カナリア」と契約しました。

途中、UBラ・パルマへのレンタル移籍を経て、同チームの主力として活躍しました。

STEP
2014年 NBAで初めてのカーボベルテ出身選手が誕生

ユーロカップ・バスケットボールでの活躍などでNBAスカウトからも注目される存在となり、2014年のNBAドラフトではアトランタ・ホークスから43位で指名されました。

NBAで初めてカーボベルデ出身選手のNBAドラフト指名選手でした。

STEP
2015年~ 怪我などにより解雇が続く

その後、アトランタ・ホークスと正式に契約しましたが、出場機会を得ることが出来ず、2016年10月31日に解雇されました。

翌月、北米大陸のプロバスケリーグであるDリーグのラプターズ・905に加入。

2017年4月11日にクリーブランド・キャバリアーズと3年契約を結んだものの、加入直後に右手首を負傷するなど怪我に泣かされ、プレーオフを通じて不出場に終わり、2017-18シーズン開幕直前の10月11日に解雇されてしまいました。

プロバスケ選手として厳しい期間が続いたようです。

STEP
2017年~ スペインリーグで活躍

2017年11月7日、レアル・マドリード・バロンセストと3年契約を締結。

スペインプロバスケリーグ(リーガACB)復帰となりました。

7フィートの身長を武器に、スペインリーグ年間最優秀守備選手賞を3度も受賞しています。

STEP
2023年 W杯初出場

2023年8月25日から行われている「FIBAワールド・カップ」にカーボベルテは初出場。

エディ・タバレス選手は、”暫定リバウンド王”として世界中から注目を集めています。

今大会でもその高さは威力を発揮しており、ここまで4試合に出場してリバウンドは合計48、平均12.0。いずれも日本の躍進を支えるジョシュ・ホーキンソンの合計47、平均11.8を上回るトップの数字で、暫定リバウンド王となっている。
引用元・https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/ans/sports/ans-351061

スポンサーリンク

エディ・タバレスは221センチ大男で破壊的リバウンド王!

身長221センチを誇る超大型センターのエディ・タバレス選手には、こんなエピソードも…!

また体重も120キロ。過去の大会ではダンク後にバスケットゴールのリングに捕まり、ボードを破壊したこともある。
引用元・https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/ans/sports/ans-351061

こんなこと、まず日本人ではあり得ないですよね。

その映像がこちら↓↓↓

アニメの世界で起こるような出来事じゃないでしょうか!

https://twitter.com/mitosportsenjoy/status/1697595099910451516?s=20

現実とは思えないことが起こっていましたね。

破壊的なダンクシュートを放つエディ・タバレス選手ですが、子供の頃から高身長が故のコンプレックスがあったそうです。

バスケットボールに出会うまで、タバレスにとって子供の頃、身長が高いことは必ずしも喜ばしいことではありませんでした。
「僕はシャイなんだ。みんなから注目されるのは好きじゃないんだ。でも僕の家族は身長が高いんだ。」
身長が7フィートを超えていたため、隠れる場所がありませんでした。
良く言えば、通りの通行人が目を見張り、息を呑むばかりで、最悪の時には、もっと率直に彼を嘲笑した。
ジュニア選手たちが住む複合施設に戻ったタバレスは、敷地内に住むコーチングスタッフのオフィスで涙を流す夜を何度も過ごした。

引用元・https://www.eurohoops.net/

高身長を武器にして活躍しているタバレス選手が、こんな風に苦しんでいた時期があったなんて…。

しかし、タバレス選手は、その悩みを克服し、現在はプロバスケ選手としての活躍が止まりません。

白いユニフォーム背番号「22』がエディ・タバレス選手なのですが、高さと強さが別格ですよね!

https://twitter.com/RaptorsInfoJPN/status/1434741494913531911?s=20

今後も圧巻のプレイを魅せてくれることでしょう。

スポンサーリンク

エディ・タバレス選手のプレイに世間の声は?

タバレス選手の圧巻のプレイを見た、世間の反応を調査しました。

https://twitter.com/meruburo/status/1659828010395258880?s=20

「大魔神」「鉄壁」という異名も出てきました~

日本との対戦も決まり、こんな声も…

https://twitter.com/kazu12248/status/1697285254938231228?s=20
https://twitter.com/m___Sin1209/status/1697732248047587579?s=20

やはり長身タバレス選手は大注目されていますね!

そんな超大型センターであるタバレス選手は、人気バスケアニメ『スラムダンク』の赤木こと”ゴリ”を彷彿させますよね。

タバレス選手の”ゴリダンクシュート”、日本戦でも見たいですよね~

スポンサーリンク

エディ・タバレスのwiki経歴プロフまとめ!観光客がきっかけでバスケ選手に!まとめ

今回の記事では、

・エディ・タバレス選手のプロフィール・バスケ経歴まとめ
・エディ・タバレスのプレイについて、世間の反応は?

こちらの内容でまとめました。

17歳までバスケ未経験だったタバレス選手。

バスケを始めたきっかけがドイツ人観光客だったとは、驚きでした。

カーボベルデ初のNBA選手となり、最優秀守備選手にも輝くほどの活躍でしたね。

今後も期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次