長屋晴子(緑黄色社会)の歌い方が苦手な理由3つ!声が嫌いで響かない?

若者を中心に人気を博している音楽バンドの「緑黄色社会」。

「リョクシャカ」の愛称でもおなじみの4人組ですよね。

ボーカル・長屋晴子さんの透明感のある歌声と力強い歌い方が、「緑黄色社会」の特徴の1つでもあります。

しかし、そんなボーカル・長屋晴子さんの「歌い方が苦手」『嫌い」という声があがっているようです。

そこで今回の記事は、

長屋晴子(緑黄色社会)の歌い方が苦手?その理由は?

こちらの内容でまとめていきます。

目次

長屋晴子(緑黄色社会)の歌い方が苦手?

「緑黄色社会」のボーカル・長屋晴子さんの「歌い方が苦手」「嫌い」という声があがっているようです。

このような声が多数ありました。

一体なぜ、長屋晴子さんの歌い方に対して、このような声があるのでしょうか?

スポンサーリンク

長屋晴子(緑黄色社会)の歌い方が苦手な理由3つ!声が嫌いで響かない?

ここでは、長屋晴子さん(緑黄色社会)の「歌い方が苦手」な理由についてご紹介します。

長屋晴子さん「歌い方苦手」と言われる理由は、以下の通りです。

①声が嫌い
②クセが強い
③心に響かない

では、一つずつ見ていきましょう。

理由①…声が嫌い

長屋晴子さん(緑黄色社会)の「歌い方が苦手」と言われる理由1つ目は、”声が嫌い”です。

長屋晴子さんの透明感のある歌声が魅力の1つではありますが、一方で、「声が嫌い」という意見があります。

「膜張ってる」「何言ってるのかわからない」という声があります。

「声が嫌い」という点が、「歌い方が苦手」と言われる理由の1つになっているようです。

理由②…クセが強い

長屋晴子さん(緑黄色社会)の「歌い方が苦手」と言われる理由2つ目は、”クセが強い”です。

長屋晴子さんの歌い方は、「クセが強い」ようです。

クセが強いせいか、「歌詞が聞き取れない」「聴き辛い」という声がありました。

「歌詞が聞き取れない」という点は、歌手としては少し問題なのかもしれませんが…。

確かに個性でもありますね。

理由③…心に響かない

長屋晴子さん(緑黄色社会)の「歌い方が苦手」と言われる理由は、”心に響かない”です。

長屋晴子さんの歌は、「心に響かない」との声もありました。

このように言われているのは、長屋晴子さんの歌い方が「力強い」からなのでしょうか。

楽曲によっては、このような声もあがるのかもしれませんね。

これらの理由により、長屋晴子さん(緑黄色社会)の「歌い方が苦手」と言われているようです。

スポンサーリンク

長屋晴子(緑黄色社会)の歌い方が苦手な理由3つ!声が嫌いで響かない?まとめ

今回の記事は、

長屋晴子(緑黄色社会)の歌い方が苦手?その理由は?

こちらの内容でまとめました。

長屋晴子さん(緑黄色社会)の「歌い方が苦手」と言われる理由は、以下の通りでした。

①声が嫌い
②クセが強い
③心に響かない

長屋晴子さんは、美人で歌が上手で人気はありますが、歌い方に対してのアンチな意見もありました。

声にクセがあって聴きとりにくいというのが一番の理由かもしれません。

ですが、緑黄色社会は歌番組への出演も多く、活躍しています。

今後も注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次