Ado(アド)の歌い方が苦手な理由5選!がなり声が不快&うるさいだけで疲れる?

楽曲『うっせぇわ』が大ヒットして以来、続々とヒット曲を出し続けている歌手のAdoさん。

圧巻の歌唱力が魅力の1つであるAdoさんですが、一方で、「歌い方が苦手」という声があるようです。

そこで、今回の記事は、

・Ado(アド)の歌い方が苦手?その理由は?

こちらの内容でまとめていきます。

目次

Ado(アド)の歌い方が苦手?

国民的な歌い手のAdoさんですが、「歌い方が苦手」という声があるようです。

このような声がありました。

一体なぜ、Adoさんの「歌い方が苦手」という声があがっているのでしょうか?

スポンサーリンク

Ado(アド)の歌い方が苦手な理由5選!がなり声が不快&うるさいだけ?

ここでは、Adoさんの「歌い方が苦手」という声をご紹介します。

Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる理由は、以下の通りでした。

①がなり声が不快
②気持ち悪い
③うるさいだけ
④疲れる
⑤おばさん声

では、一つずつ見ていきましょう!

理由①…がなり声が不快

Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる理由1つ目は、”がなり声が不快”です。

Adoさんの歌声は、「がなり声」が特徴的ですが、その「がなり声」が不快なようです。

特に朝からAdoさんの歌声は聴きたくないとの声が多数ありました。

朝からAdoさんのがなり声は刺激が強そうです。

理由②…気持ち悪い

Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる理由2つ目は、”気持ち悪い”です。

Adoさんの歌い方に対して、「気持ち悪い」という声もあるようです。

Adoさんの独特な歌い方に、このような声があるようです。

人気が高いAdoさんだからこそ、このようにアンチの声も出てきてしまいますよね。

理由③…うるさいだけ

Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる理由3つ目は、”うるさいだけ”です。

Adoさんの歌い方は、「うるさいだけ」と思う方もいるようです。

Adoさんは声に勢いがある分、「うるさい」と感じる方もうろのではないかと思います。

Adoさんの声質と楽曲の世界観が合えばそういったイメージもなくなるのかもしれませんね。

理由④…疲れる

Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる理由4つ目は、”疲れる”です。

Adoさんの歌声を聴くと、「疲れる」という方も多数いました。

このような声が上がる理由としては、楽曲やAdoさんの声に迫力があるためではないかと思われます。

「うるさい」という点も、Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる1つの原因になっているようですね。

理由⑤…おばさん声

Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる理由5つ目は、”おばさん声”です。

Adoさんの「おばさんみたいな声」が、嫌いという声があります。

Adoさんは、2020年のデビュー当時は18歳で、2023年現在は21歳です。

しかし、「声がおばさん」と言われています。

そのことで、聴き心地の悪さに繋がっているのかもしれませんね。

あわせて読みたい
【なぜ】Adoが顔を出さない理由5選!身バレ防止&根暗で自分が嫌い? 楽曲『うっせぇわ』が大ヒットし、一躍有名になった歌手のAdoさん。 デビュー以来、顔出しをせずに音楽活動をされていますね。 そのことで、「Adoは実在しない」という...
スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は、

・Ado(アド)の歌い方が苦手?その理由は?

こちらの内容でまとめました。

Adoさんの「歌い方が苦手」と言われる理由は、以下の通りでした。

①がなり声が不快
②気持ち悪い
③うるさいだけ
④疲れる
⑤おばさん声

している分、そんな顔や姿なのか興味が湧く方も多くいるようですね。

あわせて読みたい
【何者】Adoのwikiプロフ&学歴!本名/生年月日/出身地/高校/大学は? 楽曲「うっせぇわ」で一躍有名となった、歌手のAdoさん。 圧巻の歌唱力で、次々とヒット曲を出し続けています。 そんなAdoさんとは、一体どんな方なのでしょうか? そこ...
あわせて読みたい
【顔画像】Ado(アド)の顔はエラ張りホームベース型?しずちゃん似で可愛い? 2023年12月2日に放送された日テレ『ベストアーティスト2023』で、テレビ番組初歌唱された歌手のAdoさん。 デビュー以来、姿を出しての歌唱はなく初めてのことでしたが、...
あわせて読みたい
【なぜ】Ado(アド)が不快な理由5選!歌い方が苦手&陰キャで厨二病で痛い? 絶大な人気を誇る歌手のadoさん。 デビュー曲「うっせぇわ」がヒットし、一躍有名となったAdoさんですが、ネット上では、「不快」「嫌い」という声があがっているようで...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次