【動画】ランページの振付がナチス敬礼と炎上!歌詞もヤバかった?

2023年12月22日放送の「ミュージックステーションSUPER LIVE」のことでした。

LDH所属の16人組グループ「THE RAMPAGE(ランページ)」が『SOLDIER LOVE』を披露。

そのダンスの振付が、”ナチス式敬礼に見える”として、批判が殺到しました。

また、歌詞に対しても、「戦争を想起させる部分がある」とういう声も上がり、ネット上は大炎上。

一体、その振付と歌詞は、どんなものだったのでしょうか?

そこで今回の記事では、

・ランページの問題となったパフォーマンス【画像・振付】
・「SOLDIER LOVE」の歌詞もヤバい?
・「Mステ」披露前から物議?

こちらの内容でまとめていきます。

目次

【動画・画像】ランページの振付がナチス敬礼と炎上!

2023年12月22日放送の「ミュージックステーションSUPER LIVE」で「THE RAMPAGE(ランページ)」が披露した『SOLDIER LOVE』が、ナチス式敬礼と言われ、批判が殺到しています。

ナチス式敬礼とは?

町立の姿勢で、右手をピンと張り、一旦左胸の位置で水平に構えてから、掌を下に向けた状態で腕を斜め上に突き出す敬礼。

一般的には、

指を揃えて腕を斜め上に突き出すと、ナチスを連想させる

と言われることが多いようです。

ランページのパフォーナンスでは、楽曲の最後に、このようなポーズが入っていました。

ドイツでは、学校などで挙手する際、

人差し指だけを伸ばしてナチス式敬礼に見えないようにする

というくらい、配慮されている神経質な問題なのです。

ですが、日本ではそこまで厳密にNGとなってはいません。

しかし、今回のランページの振付や衣装などから、全体的にナチスを連想させるものと捉えたれたのかもしれないですね。

スポンサーリンク

「THE RAMPAGE」の『SOLDIER LOVE』は歌詞もヤバかった?

今回の楽曲、『SOLDIER LOVE』では、振付だけでなく、歌詞も問題となっているようです。

その歌詞が、

・far eastに昇った(極東に昇った)
神風吹き荒れたなら
上書きする地図

「極東」「神風」が戦争を連想させるワードとなっているようです。

さらに、「上書きする地図」は、”植民地にしていく”というイメージを持たれてしまったみたいです。

スポンサーリンク

ランページの『SOLDIER LOVE』は「Mステ」披露前から物議?

『SOLDIER LOVE』は、「Mステ」で披露する前から、ファンからの指摘の声はあったようです。

ファンからのご指摘もあったようですね。

エイベックスが「Mステ」で初披露する前に発表した声明がこちらでした。

今回リリースした「SOLDIER LOVE」に関して様々なご意見をいただきました。
僕らチームの想いをお伝えさせていただきます。
 
この「SOLDIER LOVE」を制作するにあたって僕らが掲げたテーマは
「愛を持って夢に向かって力強く進み続ける覚悟」です。
 
人が誰しも持っている「慈愛」ともいうべき大きな愛を胸に抱きながら、エンタテインメントの世界で大きな夢に向かって挑み、叶えるために戦っているTHE RAMPAGEメンバー16人を「戦士」に見立て、作品を聴いてくださる方に「Love Dream Happiness」を届けたいという想いのもと、愛の持つ力を信じ、困難にも挫けずに力強く突き進んでいく姿を楽曲で表現させていただきました。
 
また、THE RAMPAGEが世界へと挑んでいこうとしている中で、さらにパワーアップして大きく躍動している姿をイメージして、エンタテインメントの力で世界中を元気にしたい!という想いを込めています。

引用元・https://avexnet.jp/news/detail.php?id=1015003

この声発表後、「Mステ」で初披露し、批判殺到となったようです。

この騒動で、12月25日にLDHから、

・歌詞と振付を一部変更
・アルバム『16SOUL&16PRAY』の発売延期

が発表されました。

スポンサーリンク

【動画】ランページの振付がナチス敬礼と炎上!歌詞もヤバかった?まとめ

今回の記事は、

・ランページの問題となったパフォーマンス【画像・振付】
・「SOLDIER LOVE」の歌詞もヤバい?
・「Mステ」披露前から物議?

こちらの内容でまとめました。

ランページの熱い気持ちを込めた楽曲・振付だったようですが、その熱意の表現がナチスを連想させてしまったようですね。

炎上した結果、振付など変更になるようですが、新たな振付がどんなものになるのか楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次