【何者】加藤鮎子のwiki経歴プロフ&学歴!年齢/高校/大学/大学院は?

政治家の加藤鮎子さん。

2023年に初入閣し、こども政策担当大臣に就任しています。

そんな加藤鮎子さんは、どのような方なのか気になりました。

そこで今回の記事は、

・加藤鮎子のwikiプロフィール
・加藤鮎子の経歴
・加藤鮎子の学歴

こちらの内容でまとめていきます。

目次

【何者】加藤鮎子のwikiプロフィール

まず初めに、加藤鮎子さんのwikiプロフィールをご紹介します。

加藤鮎子のwikiプロフィール

名前:加藤鮎子(かとう あゆこ)
生年月日: 1979年4月19日
年齢:44歳(2024年2月時点)
出身地:山形県鶴岡市
趣味:ダンス、バスケットボール
好きな言葉:至誠、天に通ず
現職:こども政策担当大臣

加藤鮎子さんは、1979年生まれで、2024年で45歳になります。

実年齢より若く見えますし、美人な方ですよね。

「鮎子」という名前の由来は、

「故郷の魚であること」
「故郷に帰ってくるように」

との意味が込められているそうです。

ちなみに、加藤鮎子さんは、大物議員一家で育ちました。

祖父:加藤清三(衆議院議員)
父:加藤紘一(内閣官房長官)

地元・山形県で熱い地盤のある政治家一家なのです。

スポンサーリンク

加藤鮎子の学歴(高校/大学/大学院)

まず初めに、加藤鮎子さんの学歴をご紹介します。

加藤鮎子さんの学歴は、以下の通りです。

加藤鮎子の学歴まとめ
  • 高校:慶應義塾女子高等学校
  • 大学:慶應義塾大学法学部
  • 大学院:コロンビア大学国際公共政策大学院

加藤鮎子の出身高校

加藤鮎子さんの出身高校は、

慶應義塾女子高等学校(偏差値:77)

です。

この学校は大変優秀な学校で、全国TOP10を誇るエリート女子高です。

卒業生も、優秀な方ばかりです。

・芦田愛菜(女優)
・小宮山泰子(衆議院議員)
・弘中綾香(アナウンサー)

加藤鮎子さんは、この頃にはすでに、政治家になることを考えていたそうです。

加藤鮎子の出身大学

加藤鮎子さんの出身大学は、

慶應義塾大学法学部(偏差値:67.5)

です。

慶応義塾大学法学部も偏差値が高く、こちらも日本TOPクラスです。

加藤鮎子さんは、大学在学中から政治活動を始めているそうです。

加藤鮎子さんは、「可愛い」「美人」と評判なので、若い時はモテていたのではないでしょうか?

加藤鮎子の出身大学院

加藤鮎子さんの出身大学院は、

コロンビア大学国際公共政策大学院

です。

大学卒業後は、一度就職したものの、その後、アメリカのコロンビア大学国際公共政策大学院に留学し、国際公共政策を学びました。

コロンビア大学国際公共政策大学院(SIPA)とは?

コロンビア大学国際公共政策大学院(SIPA)は、1946年に設立された、米国ニューヨーク市マンハッタンの北西部にある私立の研究型大学院です。
国際関係や公共問題を研究する機関として、国内はもとより世界でも常にトップクラスにランクされています。

国際関係学、公共政策、国際経営、国際法、国際開発、国際金融、国際政治、国際社会保障など、幅広い分野のプログラムを提供しています。
また、世界各国の政府機関、国際機関、民間企業、NGOなど、様々な分野の卒業生が活躍しています。

コロンビア大学院の同窓生には、小泉進次郎さんがいます。

二人は仲が良いようで、SNSの投稿にも2人で写っている写真が多数ありました。

スポンサーリンク

加藤鮎子の経歴

まず初めに、加藤鮎子さんの経歴をご紹介します。

加藤鮎子の議員になる前の経歴

加藤鮎子の議員前の経歴まとめ
  • ドリームインキュベータ」勤務
  • 野田聖子氏の議員秘書
  • 「コロンビア大学」に留学
  • 「国際交流NGO」勤務
  • 「コンサルティング企業」勤務
  • 父親である加藤紘一氏の議員秘書

コロンビア大学大学院を修了した加藤鮎子さんは、帰国後は日本国際交流センター(国際交流NGO)で勤務していました。

その後、コンサルティング企業『ピープルフォーカス・コンサルティング』勤務を経て、父親・加藤紘一氏の議員秘書を務めました。

ですが、2012年12月の総選挙で、加藤紘一氏が無所属の阿部寿一氏に破れ落選してしまいます。

そのことで加藤紘一氏が政界を引退し、後継指名を受けた加藤鮎子さんが地盤を引き継ぎました。

加藤鮎子の議員としての経歴

加藤鮎子の議員経歴
  • 2014年:第47回衆議院議員総選挙に自民党候補として出馬し初当選
  • 2017年:第48回衆議院議員総選挙に出馬し再選
  • 2019年:環境大臣政務官兼内閣府大臣政務官に就任
  • 2021年:第1次岸田内閣で「国土交通大臣政務官」に就任
  • 2021年:第49回衆議院議員総選挙で3選を果たす
  • 2023年:第2次岸田改造内閣で「内閣府特命担当大臣」に就任(初入閣)

2013年に、父親・加藤紘一氏から後継指名を受け、山形3区支部長に就任しました。

2014年には、第47回衆議院議員総選挙に自民党候補として出馬し、初当選!

環境大臣政務官兼内閣府大臣政務官、国土交通大臣政務官を経験し、

2023年に『こども政策担当大臣』に就任し、初入閣

しています。

入閣後の取材では、このようにお話されています。

女性の声が反映されている内閣に見えるよう、しっかり頑張っていきたい。地方からしっかり対策をとっていかないと足腰の弱い国家になってしまうので、国全体の課題として、どんな年代層にも理解いただけるよう、きちんと対話をしながら進めていきます。」

重要政策である「少子化対策」に対しても、意気込みを見せていました。

今回の岸田内閣改造では、過去最多になる5人の女性が入閣をしましたが、加藤鮎子さんは女性の中で最年少です。

2児の母でもある加藤鮎子さんの活躍が期待されています。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は、

・加藤鮎子のwikiプロフィール
・加藤鮎子の経歴
・加藤鮎子の学歴

こちらの内容でまとめました。

加藤鮎子さんは、政治家一家で育ち、超エリート学校卒の優秀な方ですね。

若くして政治家になり、さらに初入閣を果たすなど、今後ますます期待できそうな政治家の1人なのかもしれません。

頑張っていただきたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次