【阪神・淡路大震災追悼会場火災】放火の可能性で犯人は誰?

2024年1月16日午後11時40分頃、阪神・淡路大震災の追悼行事が開かれる神戸市の会場でテントが燃える火事がありました。

放火の可能性もあるそうです。

そこで今回の記事は、

・【阪神・淡路大震災追悼会場火災】原因は放火?犯人は誰?

こちらの内容でまとめていきます。

目次

阪神・淡路大震災追悼会場で火災!放火の可能性?

1月16日深夜、翌朝に阪神・淡路大震災の追悼行事が開かれる神戸市の会場でテントが燃える火事がありました。  

 追悼行事を主催する「阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会」の関係者などによりますと、16日午後11時40分ごろ、神戸市中央区にある東遊園地でテント1基と中にあったプラスチック製のポールやテーブルなどの資材が燃えました。
近くを散歩していた男性から「テントが燃えている」と119番通報があり消防車2台が出動しましたが、近くにいた警備員が消防車の到着前に消火活動を行い、火はまもなく消し止められました。
引用元・Yahoo

大きな火事とならなくて幸いでしたが、式典関係者からは不安の声もあがったようです。

出火の原因は、まだわかっていませんが、放火の可能性もあるようです。

「阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会」の関係者によりますと、出火当時テントは無人だったということです。火の気がなかったことから、警察と消防は放火の可能性も視野に出火原因を調べています。
引用元・Yahoo

では、犯人は一体誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

【阪神・淡路大震災追悼会場火災】犯人は誰?

放火の可能性もある阪神・淡路大震災追悼会場での火災。

犯人は一体誰なのでしょうか?

現時点で、犯人はわかっていません。

ネット上では、このような声も上がっています。

もし放火が出火の原因であれば、一刻も早く犯人が捕まってほしいですね!

スポンサーリンク

【阪神・淡路大震災追悼会場火災】犯人は誰?火事の被害状況は?まとめ

今回の記事は、

・【阪神・淡路大震災追悼会場火災】犯人は誰?
・火事の被害状況は?

こちらの内容でまとめました。

出火の原因は、現時点では調査中ですが、早く解決してほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次