【特定】愛知中央美容専門学校の親会社はどこ?閉校で入学金や生徒はどうなるか調査!

2024年5月14日、愛知県小牧市にある「愛知中央美容専門学校」が5月末で閉校するというニュースがありました。

閉校の原因は、「出資する親会社が経営破綻したこと」だそう。

現在在学中の生徒がいる中での突然の閉校。

この「愛知中央美容専門学校」の親会社とは、一体どこの会社なのでしょうか?

また、廃校により、在学中の生徒はどうなってしますのでしょうか。

そこで今回の記事は、

・愛知中央専門学校の親会社はどこ?
・閉校で生徒は今後どうなる?

こちらの内容でまとめていきます。

目次

【特定】愛知中央美容専門学校の親会社はどこ?

「愛知中央美容専門学校」の親会社はどこなのでしょうか。

学校の運営は、

「愛知中央美容協同組合」

となっています。

同校を運営する「愛知中央美容協同組合」の代理人弁護士によると、組合に出資していた名古屋市内の親会社2社が昨年に相次いで破産手続きの開始決定を受けた。
組合は学校運営を継続するため新たなスポンサーを探したが合意に至らず、今年6月以降の運営を断念した。
引用元・毎日新聞

組合に出資していた親会社の3つのうち、2社が経営破綻したそうですが、その会社は、

経営携帯電話販売会社

でした。

代理人弁護士によると、学校を運営していた愛知中央美容協同組合の三つの親会社のうち、携帯電話販売会社など2社が昨年8月と9月に相次ぎ経営破綻し、資金繰りが悪化。
引用元・朝日新聞デジタル

この経営破綻した「携帯電話販売会社2社」はどこなのでしょうか。

倒産した携帯電話会社2社はどこ?

倒産した携帯電話会社2社の社名までは、公表されていません。

報道では、「A社」「B社」と言われています。

「美容専門学校の経営自体は組合が行なっていましたが、美容サロンを経営するA社がそこに出資していました。携帯電話ショップを運営するB社は、スマホの時代になってから経営が苦しく、新規業務拡張を図ってA社を買収しました」
しかしB社を含む関連会社が破産手続きの開始決定を受け、完全出資の子会社であるA社も昨夏に破産手続きをとることに。
引用元・Yahoo

この記事から、長期にわたり、経営が厳しかった様子が分かります。

美容専門学校の関係者は、生徒に迷惑をかけてしまうとスポンサー探しを頑張っていたそうですが、借金を全部抱えて学校を続けてくれるスポンサーは見つからなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

愛知中央美容専門学校の閉校で入学金はどうなる?

今回経営破綻が原因で閉校することについては、

2024年5月9日の保護者説明会で初めて伝えられた

そうです。

新入生の入学金や授業料などは、

約100万円のうち5万円ほどしか返金されない

ということです。

この説明には、生徒側からは怒りの声が多く上がったとか。

「5月9日に開かれた保護者説明会で、閉校が初めて伝えられました。新入生は入学金や授業料など約100万円のうち5万円ほどしか返金されないことも説明され、生徒側からは“なぜ返金できないのか”“新年度となり入金を待ったのではないか”などと怒りの声が噴出しています。
引用元・yahoo

生徒から集めた入学金や授業料は、いったいどこへ消えたのでしょうか?

ネット上では、このような意見があります。

・返済に充てた
・入学金で運営していた

との声があります。

入学してたった1ヶ月しか経過していないのに、たった5万しか戻らないというのは、納得できないですよね。

スポンサーリンク

愛知中央美容学校の閉校で生徒はどうなるのか?

「愛知中央美容学校」が閉校で、在学中の生徒は今後どうなってしまうのでしょうか?

現在、「愛知中央美容学校」の生徒は、

昼間生:26人
通信生:60人

の計86名が在籍しています。

現時点では、

春日井市内の美容学校へ転校できるよう調整中

だそうです。

ですが、転校となる場合、再度、入学金や授業料、教材費などの支払いが必要となるかもしれません。

経営破綻が原因での閉校なので、転校の費用を学校側が持ってくれるというのは、考えにくいですね。

スポンサーリンク

世間の反応は?

今回の「愛知中央美容専門学校」の閉校のニュースに、世間の声は、どうだったのでしょうか?

驚くほどに、

「詐欺ではないか?」

という意見が多数ありました。

入学金を支払ったにもかかわらずこのような事態となったことで学ぶ場を失った生徒さんが可愛そうです。

今後、一体どうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は、

・愛知中央美容専門学校の親会社はどこ?
・閉校で入学金や生徒は今後どうなる?

こちらの内容でまとめました。

「愛知中央美容専門学校」に通う若者が、引き続き学べる良い環境が見つかると良いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次